スタッフブログ

お花の名前

前回のお花の名前分かりましたか?

正解は「オステオスペルマム」です。

このお花には一・二年草の種類もありますが、日本で出回っているのはオステオスペルマム・バーベリエ、オステオスペルマム・フルティコサムなどを交配させた、多年草の園芸品種です。株を埋めるように次々と咲くカラフルな花が特徴です。
夜間や天気の悪い日は花を閉じる性質がありますが、花が閉じにくい、もしくは閉じない園芸品種もふえています。
花色は紫、白、ピンクが中心でしたが、同じキク科で近縁のディモルフォセカとの交雑によって、黄花やオレンジ花を咲かせる、開花期間が長い園芸品種も誕生しています。ディモルフォセカと交雑させた園芸品種はやや短命で、一・二年草として扱われることもあります。
なお、オステオスペルマムとディモルフォセカの区別は難しく、日本ではオステオスペルマムは多年草、ディモルフォセカは一・二年草とされています。

もしご興味のある方は、育ててみてください。

暖かくなり花壇やお庭のお手入れをする際に無理な体制でしていたり、少しならと油断してものを持ち上げた時に、腰を痛めてしまったり、手首を痛めてしまったりしないように、気をつけて作業してくださいね。

(参考文献:NHK出版 みんなの趣味の園芸)

形態 多年草園芸分類 草花
原産地 熱帯アフリカ、アラビア
草丈 20~80cm
開花期 1月中旬~5月
9月中旬~11月中旬
花色 紫、白、オレンジ、ピンク、複色
栽培難易度 2
耐寒性 やや弱い
耐暑性 やや弱い
特性 開花期が長い、常緑性、初心者でも育てやすい

-スタッフブログ
-, , , , , , , , ,