当院からのお知らせ 耳より情報 院長ブログ

オスグット

2022/05/04

高田馬場 すずき整骨院では、オスグットの施術をしています。

高田馬場 すずき整骨院ではオスグットに対して施術をしてます。

私も小6から中学生の時に経験してるので、この痛みはよく知っています。
身長が伸びてるときに運動をし過ぎて、ストレッチなどのケアもほぼしてなかったです。
膝の下が腫れて、酷いと洋服が擦れるだけでも痛くなるやつ、そうオスグットです。

オスグットって?

オスグットとは正式にはオスグットシュラッター病といい成長期になります。
私は整形外科に通院してましたが、塗り薬や湿布を出されて終わりでした。
身長が伸びきるまで大人しくしてとのこと。

スポーツ好きには酷な話ですね。
なんとかならいものだったのかっていうのが大人になっても頭の片隅にありました。

私は子供たちが、大好きなスポーツをやめることなく、そこまで悪くならない程度の適量な運動で続けられないかと考えました。
そして高田馬場すずき整骨院では、休息と運動と施術のバランスを重要視し、高田馬場 すずき整骨院に来院した運動好きな子供たちに施術・指導しています。
これは私がオスグットを経験したからできることです。

オスグットの原因は

大腿四頭筋の腱の付着部が脛骨粗面で、成長期に骨が伸びているときに筋肉の過緊張で腱が骨を引っ張ってしまって起きる炎症と言われています。
脛骨の骨膜の緊張も影響するともいわれていて、前脛骨筋の緊張も影響していると言われることがあります。
そのためボールを蹴るときに大腿四頭筋や前脛骨筋をたくさん使うため、サッカーをやってる人はなりやすいです。
いかに脛骨粗面が引っ張られてしまうのを軽減するか、どうしたら大腿四頭筋の緊張を軽減できるかがポイントです。

オスグットの予防・対策

骨の成長に対する大腿四頭筋の過収縮・過緊張が主な原因と言われています。
使ったらケアをする・ストレッチするのが基本です。
骨の成長期にやり過ぎないよう練習量をコントロールする必要があります。
サッカーやバスケット、バレーボールなど下半身を多く使うスポーツは注意が必要です。

オスグットになってしまったら


もしオスグットになってしまったら悪化しないように、長引かないようにする対処が必要です。
例えば、
・練習量を調整し、悪化せずやれる範囲内でやるようにする。
・あまりにもひどいときは練習を休む。
・アイシング(局所冷却療法)を必ずやるようにする。
・ストレッチをするなどです。

オスグットの施術は

・干渉波をかけて筋肉の緊張と炎症を鎮めます。
・脛骨粗面という、腫れたり骨が出っ張ってきているところに局所冷却療法をします。
・手技で大腿四頭筋や前脛骨筋の緊張を緩めます。
・左右前後の身体のバランスが悪いことが多いので、日常生活やスポーツにおける正しい荷重の仕方、身体の使い方を指導します。

最後に

スポーツ好きな少年こそなりやすいオスグット。
運動を続けながら治す方法が適用できる場合もあります。
一緒に治しながら大好きな運動を続けましょう。


-当院からのお知らせ, 耳より情報, 院長ブログ
-, , , , , , , ,