超音波骨折治療法

当院の超音波骨折治療法は、低出力パルス超音波=LIPUS(Low Intersity Pulsed Ultra Sound)を用いた治療法のことです。

LIPUSとは

LIPUSは骨折部位にパルス状にした超音波を与えることで、骨癒合(骨がくっつくこと)が促進すると言われています。
今までの一般的な治療では、整復・固定後、自然に骨が修復されるのを待つのみでした。
最近の研究では、超音波を当てることで細胞が活性化し自然治癒力が高まり、最大40%骨癒合が促進させられることがわかりました。
ギプスなどで固定してただ待つだけではなく、固定後も骨癒合を積極的に促進することができるようになりました。
有名プロスポーツ選手達が利用し、早期復帰したことで注目を集めています。

 

治療方法

  • プローブと呼ばれる先端部分を骨折部分に当てます。
  • 一日一回20分間、照射します。
  • 低出力のため痛みや違和感は感じません。
  • 皮下出血(内出血)、腫脹(腫れ)が強い時は、LIPUS後にアイシングを15~20分行います。

※骨折を早く治すために、できる限り毎日来院していただき、LIPUSを当てることをお薦めします。

骨癒合後は

当院では骨癒合したら治癒(終わり)ではなく、日常生活動作に支障がなく動かせるようになるまで施術(拘縮後療)を行います。
固定による関節や筋肉の拘縮、可動域制限に対して施術していきます。

こんな方にお薦め

  • 一日でも早く治したい方
  • 固定されているだけでは嫌な方、満足しない方
  • スポーツ選手で競技に早期復帰を目指したい方

LIPUSを利用した患者様の声

当院で実際にLIPUSを利用して早期に骨癒合し職場に復帰された患者様から喜びの声が届きました。

右手首の骨折
池田 和代さん 57歳 介護職

人生初の骨折を体験しました。

驚きとショックで、鈴木先生にかけ込みました。

”超音波治療は最高40%早く再生できる”と伺いました。

先生の施術と超音波治療に毎日通い、4週間目にみごと骨はくっついていました。

スゴッ!ゴッドハンド!!

その後はリハビリを続け、右手完全回復へと導いて頂きました。

それに伴い、分からなかった癖を見つけて頂き、バランスのとれた体へと少しずつ調整できるようになりました。

鈴木先生!!ありがとうございました。

※骨折の種類、部位によって個人差があります。
※あくまでも個人の見解です。感じ方はそれぞれなのでご了承ください。

2019/10/15